FXのリスクを限定するためにレバレッジを低めにする手法

FXのリスクを限定するためにレバレッジを低めにする手法 “FXは、もちろん投資の商品です。投資である以上、ノーリスクの商品ではありません。実際FXの業者としても、リスクはある商品であると明示しています。それだけにリスクをコントロールする事は大切ですが、基本的にはレバレッジを低めにする方が良いでしょう。

高レバレッジのリスク

FXのレバレッジを高めにすれば、確かに大きなお金を動かすことはできます。特に海外業者の場合は、比較的大きなお金を動かす事も可能ですから、海外業者での口座開設を前向きに検討している方も多いです。
しかしレバレッジが高めになる以上、どうしてもリスクも大きくなります。現在の保有資産に対して、大きなお金が動く事になるからです。レバレッジが800倍ぐらいになると、それなりにリスクが大きくなるのは注意を要するでしょう。

レバレッジを低くしてリスクを抑える

ですからレバレッジを低めにしておけば、基本的には問題ありません。一番無難な取引方法は、レバレッジ1倍です。
レバレッジを1倍にしておく分には、少なくともFXのロスカットが発動する事はありません。レバレッジ2倍や3倍ぐらいになれば、ロスカットが発動する事はあり得ます。まして25倍ともなると、発動率はかなり高くなってしまいます。リスクを抑えたいなら、やはりレバレッジは低めにする方が良いでしょう。

レバレッジを低くしてポジションを多数保有するやり方

ところでレバレッジが低いと、あまり大きな利益は生じないと思われる事もあります。確かにレバレッジ1倍ですと、口座に預けたお金に対しては、それほど大きな金額は動かなくなります。
しかし、それもやり方次第です。確かにレバレッジ1倍にすれば、取引の頻度も大きく減りますが、小刻みに売買してみるやり方もあります。工夫次第で、レバレッジ1倍でも十分な利益を生み出すことは可能です。
例えば100万円をFXの口座に預けた場合、一気に100万円分の枚数を保有せずに、ひとまず5万円分にするやり方があります。最終的には100万円分だけ動かすことになりますが、その100万円を20分割するやり方もあるのです。ポジションを20枚保有して、レバレッジ1倍で取引するやり方もあります。
現にFXのトレーダーによっては、かなり多くのポジションを保有しつつ、低レバレッジで取引している事もあります。それでも年利50%ぐらい稼げるケースも、実際あるのです。
やり方次第では、FXはかなり利益を限定する事ができます。仕組みを十分に理解しておけば、実は比較的確実に稼げる商品なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です